ヒュミラ72回目(入院中) #クローン病

病室に構築したネット環境
【Panasonic DMC-LX2, Tv:1/8s, Av:3.2, ISO:200】
※写真は病室に持ち込んだタブレット達…^^; (ポケモンキーボード付き。TVとHDMI接続)

72回目、合計76本目の自己注射完了。

8/12から小腸内視鏡の検査入院中のため、病室で自己注射。
看護師さんには見られずに済んだ。
今回は針が刺さるときや注入時は痛くは無かったが、場所が悪かったのか、深さが悪かったのか、吸い込みがイマイチで、注入に4分位かかった。

小腸内視鏡は8/13に実施。今回はバルーン拡張術も実施。

いつもは内視鏡検査中はほとんど鎮静剤が効かず、検査が終わってから眠くなっていたのだが、今回は主治医が最初からMAX量を投与する指示を出したようで、内視鏡を突っ込まれる前に意識不明に…
いつもは会話したり、痛い時はそう言って手加減してもらうのだが、痛みも何も感じずに検査終了。
なので何をされたか検査中は判らず。
検査後、やたら強く叩き起こされたり、看護師さんからは、呼吸用の酸素を大量に使ったようだ(鎮静剤により呼吸が浅くなるので)、とも言われたので、かなり危なかったような気がしないでもない…
主治医には敢えて訊いてないが…^^;

検査後に主治医から聞いたところによると、2年前に15mmまで拡張した狭窄部は、内視鏡が通過しない位(9mm未満)に狭窄が進んでしまっていて屈曲もあり、約12mmまで拡張したとのこと。
去年の検査では15mmを維持していたのに…
また、さらに、その先に新たな狭窄部ができていて、ここは他の場所より炎症が大きく潰瘍もあったとのこと。内視鏡は通過したので拡張はせず。
(拡張する基準は、内視鏡が通らない、潰瘍が無いこと)
その先の内視鏡が届くところまでと大腸には炎症は無かったとのこと。
新たな狭窄や炎症ができているが、ヒュミラでこの程度に抑えているとも考えられるので、レミケードなどの他の薬にスイッチするのはまだ早く、ヒュミラの効果が持続している期間を使い切った方がいいらしい。

拡張後はまだお腹になんとなく鈍痛がある感じ。入院前からの腹痛は相変わらず。
今のところ、ピリピリ痛んではいないので大丈夫そうなので、月曜日頃に退院する予定。

総合的な診断結果は次回(9月)通院時に改めて聴く。

コメント

コメントを受け付けておりません。