ヒュミラ94回目

ぬー
【SONY NEX-5, Tv:1/30s, Av:3.5, ISO:400】
体重:3370グラム位
※写真は記事の内容と関係ありません^^;

94回目、合計98本目の自己注射完了。
2回目のヒュープラスN使用。注入時間は約1分30秒、全体で約1分50秒。
時計見ながら打っていたらかなりの高速注入になってしまった。

前回もそうだったがヒュミラのキャップが完全に外かれず、手で引き抜いた。
使用済のシリンジで練習してみてはいるけど、一度キャップが外れると新品のシリンジのように固くはキャップができないようだ。
旧型ヒュープラスの癖が付いているのかも知れない。90回も使ってた訳で。

ヒュープラスNだと空気を抜く際、ちょっと見にくいという難点もあるけど、全体的には最新作だけあって、打ちやすいことは確か。

体腸の方は、詰まった感、ダルさは相変わらず。10日前位から便秘が解消され、下痢に戻ったが、また数日前から便秘気味に。普通な状態にはならないものか。

ところで、6月11日に6/1~12/31の特定疾患医療受給者証が送られてきた。
例年なら更新手続用書類がいつ届くのか落ち着かない時期だったのだが、現在「国において難病対策の改革が進められて」いるとのことで、1月から新しい制度に変わるため、年末まで自動延長となったらしい。

1月からの更新手続書類は8~9月に送付されると書いてあったが、8月は入院があるので、いつ臨床調査個人票を依頼するか、今年も結局悩むことに。もう準備しておいて良いということだけど、入院で検査&拡張した結果を書いてもらった方が良いわけで。

しかし、その「難病対策の改革」というのがどうなるのか…
「改革」とか「見直し」と聞くと、ネガティブことしか思い浮かばない。果たして1月に無事更新できるのか。このヒュミラ日記の終了も近いかも。

親の特発性大腿骨頭壊死症の特定疾患医療受給者証も一緒に届いていた。こちらはさっさと臨床調査個人票を入手しておいて欲しいものだ。
しかし、親子でまったく別の難病に認定されるというのも珍しい気がする。

あと、要介護認定の申請も来週しに行く予定。申請したら職員が訪問して状況を確認しに来たりするらしい。

今年の後半戦は何かと忙しくなりそうだ。

コメント

コメントを受け付けておりません。