フレッツ ギガラインタイプに回線変更

予定通り、BFLET’Sハイパーファミリータイプ 改め フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ から フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ に回線変更。12年ぶりのスピードアップ
さっそく回線速度のテストを実施した。

測定環境:ルータ=WXR-1900DHP
PC=ドスパラ Prime Note Galleria QF870spiron 9400 (Core i7-3610QM 2.30GHz)

==== Radish Network Speed Testing Ver.5.2.2 β - Test Report ====
使用回線: NTT東 フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ(1Gbps)
プロバイダ: WAKWAK
測定地: 神奈川県相模原市南区
-----------------------------------------------------------------
測定条件
 精度: 高 接続数: 16-16 RTT測定: 速度測定前
 データタイプ: 圧縮可能性低 測定クライアント: Javaアプレット
下り回線
 速度: 459.2Mbps (57.40MByte/sec) 測定品質: 95.8 接続数: 16
 測定前RTT: 5.49ms (5.29ms - 5.67ms)
上り回線
 速度: 558.7Mbps (69.84MByte/sec) 測定品質: 97.5 接続数: 16
 測定前RTT: 5.49ms (5.28ms - 5.68ms)
測定者ホスト: goto.as.wakwak.ne.jp
測定時刻: 2017/6/10 10:29:03
-----------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
=================================================================

あまり期待していなかったが、サーバ相手でもまさかのスピードアップ^^;

ONUの交換工事も実施。交換後の機種は「GE-PON <O>F」になった。
GE-PON <O>F
【Apple iPhone 6s, Tv:1/15s, Av:2.2, ISO:500】

光ファイバーを接続するために外付けの箱を付けられてしまった。
今後の工事が簡単になるための仕掛けかも知れないが、今回の工事は10分もかかっていなかった。
GE-PON <O>F外付けBOX
【Apple iPhone 6s, Tv:1/72s, Av:2.2, ISO:25】

交換前の機種は「GE-PON <M>A」だった。こっちの方がスタイルが良かった…
GE-PON <M>A
【Apple iPhone 6s, Tv:1/17s, Av:2.2, ISO:320】

ONUを交換したのはNTT東日本に問い合わせた結果だったのだが、本当は交換しなくて良かった模様。


実は故障対応窓口でも、最初の回答ではギガライン変更時に局側からリモートで設定変更できると言っていたが、品名を聞かれて「GE-PON<M>A」を答えたら、これはギガに対応していないという回答に変わったのだった。
しかし正解は最初の回答だったらしく、リモートでONUのLAN端子の設定を100BASE-TX→1000BASE-Tに変えられるということらしい。

なぜなら、工事する前の今日の9時頃の段階ですでに500Mbps以上出ていることに気づいてしまっていたのだ…^^;
GE-PON <M>Aでも1000BASE-T

イーサネットのリンク速度もちゃんと1000Mbpsに変わっていた。当たり前だが…
昨日の夜の時点では100Mbpsでリンクしていたことは確認済み。いつ変わったのだろう…

これは、局⇔ONU間はギガで一定で、ONUのLANポートのネゴシエーション最大値を変えて100Mbpsに制限しているということなのだろうか?最大200Mbpsのハイスピードタイプは局側で制限しているんだろうから、LANポートの設定を変える意味が良く分からない…
本当は、ギガのサービスなら、LANポートは10G対応になっていて欲しい位。

でも、何年か前にエアコンの漏水事件があったし、ハイパーファミリーに変更した時の12年前に製造されたONUなので、今回の工事費は良しとする。

ONU交換後の測定は以下。特に速くなってはいない模様。
GE-PON <O>Fの回線速度

コメント

コメントを受け付けておりません。